オーストリアと日本のお店の営業時間について思うこと

     

こんにちは、上杉です。

オーストリアと日本のお店の営業時間について思うことがあります。

今回はこの個人的な思いを記事にしました。(ウィーンで生活するうえで結構大事なポイントなので、ぜひ最後までお付き合いください笑)

ウィーンと日本では営業時間が違い過ぎる

ウィーンでの生活で、特に日本との違いを感じたのは「お店の営業時間」です。

結論としては、日本さん、さすがに営業時間長すぎってことです。

ウィーンで初めてスーパーの営業時間を聞いたときは「夜の7,8時には閉まって日曜日は完全に休みってナニゴトよ」って思いましたね。

実際に生活をすると、この営業時間のせいでご飯の調達には困ることが多く、仕方なく外食にすると高くつくので不満でした。

他にも、洋服屋、電化製品店、ショッピングモール、その他ほとんどのお店やサービスは日曜日は閉まっています。
友達がいなかった頃は、なーーーんにもやることがなくてひたすら散歩してました笑

ただ、人間は慣れていく

しかし、なんということでしょう。人間の適応力はすごくて、だんだん不便に思わなくなりました。

なんというか、自然と生活にメリハリが付くんですよね。
平日はこう、土曜日はこう、日曜日はこう、みたいな。ON/OFFの切り替えが勝手にできちゃう感覚。

日曜日に人が働いてるはずないだろ!!Haha!的な感じでしたね。

逆に日本に違和感を感じはじめる

さて、そんなこんなで日本に帰って街を歩くと、何時何分何曜日いつでも店は営業しているんだな~と改めて気づきます。

夜中に最寄駅のスーパーに立ち寄っても、コンビニに行っても、パートの方々がちゃんとレジ打ちしてて本当に日本はすごい!

ただ、その光景を見た時に猛烈な違和感を覚えたんですね。

以下心の声

(日本、めちゃくちゃ便利で良い国って言うけど、ここまでやる必要あるのかな)

(ウィーンはじめとしたヨーロッパではみんな夜や週末にはちゃんと休んでるし、たとえ便利じゃなくてもそれが良いのでは)

うーん、、、これは難しいなぁ、、、と社会への問題提起をしようと握りしめたその右手には、コンビニで買ったハイボールがありましたね。

日本は便利な国だ。日本人で良かった。

多分続きます。今回はここまで。

     

カキコミはこちらから!