ウィーンに留学、することはいつも一つ!

     

どうも、井口です。
ライターとして初めて記事を書くので、今タイピングする手が震えています。

さて、タイトルの答え、なんだと思いますか?(ちゃんと考えてくださいね)

簡単ですよね。

です。

ヨーロッパ、とにかく酒が美味い

ヨーロッパのお酒は本当においしいです。

ただ、雰囲気も本当に本当に最高なので、もはや水を飲んでも酔っちゃうよって感じです。

ウィーンでいうと、白ワインが安くて美味しいです。

若者はみなスーパーでボトル買ってラッパ飲みです。
あまりのおいしさに、日本でワインを飲めなくなりました。

あとビールもすごく飲みやすいなと思います。

僕はもともとビールが苦手で、日本の「乾杯はビールで」文化、あんなもの早く無くなれよと思っていたのですが、留学生活を通してビールが好きになり、今では「とりあえず生で」が反射で出てきます。

撮りためてきた写真を紹介

(あ~飲みたくなってきた~)

本当にほぼ毎日、たくさんお酒を飲んでいました。

お酒は言語の壁を壊します。片言のドイツ語でも仲良くなれる。

(まぁ英語は話せるのですが、、言語も少しは大切です。)

みなさん、自分に合った量、ペースで楽しくお酒を飲みましょう!
もちろん20歳を過ぎてから!

(オーストリアの法律では16歳からビール、ワインなどの比較的アルコール度数の低いお酒、18歳からはウイスキーなど強めのお酒を飲んでも良い、とされているらしいです。それにしても”弱いお酒”って曖昧すぎません?)

     

カキコミはこちらから!