【旅行記】Mürzzuschlag(ミュルツツーシュラーク)へ行ってきました!【前編】

     

こんにちは!福田です!

今日は日帰りでサクッとひとり旅に行ってまいりました!

 

ウィーン からちょうどÖBB鉄道で1時間半のところにあるMürzzuschlagという街です。

 

特にこれといって有名なものがあるわけではなく、観光地というわけでもなく、

本当にのどかなゆったりとした

地元民しかいないような小さな街でした。

ウィーンからほんの20分ほど離れると

一気に景色が豊かになってきます。

こういう屋根はヨーロッパならでは。

車窓からはこんな景色がずっと見えていました。

もうこの景色を味わうだけでも十分旅の楽しみがあるので、私は電車に乗って遠出するのが大好きです❤️

駅はこんな感じ。

線路は続くよ〜どこまでも〜と歌いたくなります。

駅から出て、撮った写真ですが

これが正面なのかは正直不明です😅

駅から出てすぐの景色ですねー。

 

ぱっと見の感想は

「なんもないっ!!」

 

この街で有名なのが

ブラームスが夏の休暇中に過ごしたとされる家があり、今はミュージアムになっている所。

 

早速そこに向かうことにしました。

街並みはこんな感じです。

観光客らしい人もほぼおらず、

地元民がちらほら散歩や、カフェでくつろいでいるだけでした。

そしていきなり、顔負けのブラームス先生がどーんと現れます(笑)

中に入るとお庭のようになっていて

ほんといちいち可愛い。

 

そして、一応有名な博物館?

だとは思うんですが、とにかく人がいません!(笑)

友達も一人で行ったらしいんですけど、

最初から最後まで一人しかお客さんがいなかったようです。

 

私もついたときは、鍵すら閉まっていて、

もう終わっちゃったのかなーと思ってしばらくその辺をぶらぶらしていると、

おじさん、(おじいちゃん?)が降りてきてくれて鍵を開けて中に入れてくれました。

 

€5入場料を払い、そのまま中へ。

 

私の拙いドイツ語で全てを説明することは至難のワザですので、ところどころ分かる範囲で紹介させていただきます。

もし間違ってたらすみません🙇‍♀️🙇‍♀️

ご指摘いただければ幸いです。。。

 

ブラームスが朝湖沿いに歩いた景色

朝はブラックコーヒーを自分のコーヒーマシーンで入れてたみたいです。

“私は悪い夏の不安のためにプレスバウムに泊まり、二度とIschlで経験したくない”

うーん、不自然な日本語にしかならないし、

あまり自分でも理解できてないような…。

 

実際に作曲していた部屋みたいです。

 

若かりし頃のブラームス。

ヒゲもじゃのイメージしかないので、

違和感しか感じなかったです(笑)

 

入口が見えます。

 

かなり閉館ギリギリだったため

写真はほとんど撮れませんでした😭

 

ポストカードを1枚だけ購入し、

ミュージアムを後にしました。

後半に続きます!

 

この記事を書いた人

 

福田夕華

 

大阪府立夕陽丘高等学校音楽科 卒業
東京芸術大学音楽学部 声楽科 ソプラノ専攻卒業
現在、アントンブルックナー私立大学 修士課程在学。

清原千賀、恩知理加、田中友輝子、菅英三子、三井ツヤ子、藤原治道、Andreas Lebedaに師事。(敬称略)

 

詳しいプロフィールはこちらから